上へ下へ

フリーペーパー・フリーマガジン情報はここで見ろ! No.1 FreePaper検索総合サイト フリーペーパーナビ

facebook twitter RSS

えんを描く

この媒体社へのお問い合わせ
えんを描く

19通目


自分の変化


1年を振り返って、「あ、私、変わったなあ(成長したなあ)」と感じること。ささやかな変化を喜びませんか?


2017年10月11日

Media Infomation

ともだちにお手紙を書くようなフリーペーパー『えんを描く』19通目が出来上がりました! 「受け取ってもいいよ!」「お店に置いてもいいよ!」という方がいらっしゃいましたら、メッセージなどいただけると嬉しいです。バックナンバーは以下URLからご覧ください。http://www7b.biglobe.ne.jp/~loopdraw/freepaper/

AboutMedia

ともだちにお手紙を書くようなフリーペーパー『えんを描く』。10歳の娘と一緒につくっています。 私が、毎日の中で、思ったり感じたり、こうしてみようと思ったことを、シェアして。ともに、何かを始めることができたらいいなあと思ったりします。 近所の人に挨拶をする。近所の小学生に話かけてみる。エレベーターで乗り合わせた人と天気の話をする。最近、連絡をとっていない友だちにメールしてみる。 あくまで、理想で、綺麗事かもしれませんが。そんな“わ”が広がっていく、イメージを持ちました。そんな“わ”が感じられるように、書き綴っていきたいです。

Media Basic Info

発行エリア
大阪府 兵庫県 京都府、徳島県、高知県、東京都、ほか.
カテゴリー
その他 .
発行スケジュール
その他 その時々.
発行部数
1000部.
創刊日
2010年10月.
ターゲット層
.
配布方法
.
発行元
えんを描く.
住所
-.
TEL
.
URL 1
http://www7b.biglobe.ne.jp/~loopdraw/.
URL 2
https://www.facebook.com/enwoegaku.
URL 3
https://twitter.com/loopdraw.
  • えんを描く

    特別版3号


    わたしとおてがみ最近、お手紙を書いたのはいつですか?友人親子と一緒に、お手紙を書く時間を共有するユニット『おてがみやさん』を結成しました。今号では、おてがみ大好きなふたりが“おてがみストーリー”を書き綴っています。小学3年生の娘とともに、今回は2歳の女の子の絵も掲載しています。


    2016年06月21日

  • えんを描く

    18通目


    わたし視点“マニアックで、おもしろい視点を持っている特別な人が発信” ではなくて、誰もが、誰かにとって、おもしろい視点を持っている! その“わたし視点”に注目。


    2016年05月06日

  • えんを描く

    17通目


    暮らしを見つめ直す器と生活雑貨のお店で一枚のお皿と出会った時、ある料理家の方から聞いたお話とつながりました。その瞬間、「暮らしを見つめ直そう」と自然と思えたんです。


    2015年09月19日

  • えんを描く

    16通目


    おてがみ1枚のお手紙から、ふたたび、コミュニケーションを重ねていく“はじまり”のきっかけにしませんか?


    2015年05月22日

  • えんを描く

    15通目


    「夢や目標は?」。子どもの頃から今まで、少しずつ、たどってみれば、見えてくる!軸となる、自分の思い。それに気づけば、ここから、さらに。


    2015年01月01日

  • えんを描く

    14通目


    あなたはどんな毎日?私の、彼らの、こんな毎日今日という日も、誰かにとっては…家族を亡くした日かもしれない、子どもが生まれる日かもしれない、出会いに感動する日かもしれない、生と死の極限状態にいる日かもしれない…一人ひとり、それぞれの一日なんだと、改めて思いました。たとえ、同じ時間を生きていても、同じ風景を見ていても、同じ出来事に出会っても、人それぞれ、異なります。そう思いを馳せると、なんて果てしないんだろうと思いました。

    一人ひとり、それぞれ…毎日のなかで、いろんなことを感じたり思ったり考えたりして生きています。

    ふと「どんな毎日ですか?どんなことを感じて生きていますか?」とたずねてみたくなったんです。そこで、8人の方にたずねてみました。


    2014年06月22日

  • えんを描く

    特別版2号


    すきなものから ひろがって つながって 2特別号1号で、自分が“すきなもの”から世界に思いを馳せられないだろうかと、第1号では私が“すきなもの”であるお手紙から、ひろげて、つなげてみました。その結果、“交流を育む、思い合うコミュニケーション”を大切にしたいと思ったのです。では、具体的にどうしていったら、いいのでしょうか。私自身でも深めつつ、私が「この方のコミュニケーション、素敵!」と憧れている方に取材して、“交流を育む、思い合うコミュニケーション”について考えてみました。


    2013年11月01日

  • えんを描く

    特別版1号


    すきなものから ひろがって つながって身近でも、日本でも、世界でも、地球でも、いろんなことが起きていて、感じて思って考えていきたいことはたくさんあります。その一つひとつについて、「考えなきゃ!」など「~しなければならない」と思うのではなく。毎日のなかで、もっと自然に、自分の行動の先にあることとして、感じ思い考えながら、生きていけたらいいなあと思っています。そのひとつの入口として、自分が“好きなもの”を掘り下げていくのはどうだろうと思いました。“好きなもの”を掘り下げていったら、世界とつながるはず。いろんな人の“好きなもの、そこからつながる世界”を集める機会をつくれたらいいなあとも想像しました。


    2013年09月01日

  • えんを描く

    13通目


    -いきなりですが。私、魔法使いに憧れています!・・・なんて話すと、「え?魔法使い?」「子どもの頃の夢?」と、自分でもつっこみたくなりますが、大人になってからの夢です。“魔法”といっても、何もないところからパッとお菓子を出したり、雲をわたあめに変えたりするものではなくて。誰かのココロを、そっと、あたたかくするような・・・感じのものです。先日スーパーで、こんな魔法使いのおばちゃんと出会いました。


    2013年08月01日

  • えんを描く

    12通目


    -6月からキャリアカウンセリングを学び始めました。その中で、心に飛び込んできたことがあります。表現された言葉や態度には、本心と異なっているものもあるということ。言葉や態度の奥には、その時の感情や状況、環境、価値観、経験など、いろんなものが積み重なり、絡まり合っているので、表面だけを見ていても気づけないことがあるんですよね。


    2013年07月01日

  • えんを描く

    11通目


    -益田ミリ著『週末、森で』(幻冬舎)を読みました。「そうだ、田舎で暮らそう!」と思い立って、森の近くで暮らし始めた、主人公の早川さん。もともとしていた翻訳家の仕事を続けながら、公民館で着付け教室を開いたり、近所の学生に英語を教えるなど、暮らし始めたその町で、“自分にできること”を活かしながら、町の人たちの役に立って、生きていて。そういうの、いいなあと思ったんです。その時々、ご縁に応じて。これまでの経験はもちろん、趣味や特技、好きなこと、できることなどを、ひろげたり、つなげたりしながら。誰かの役に立てたら、よいですよね。


    2013年06月01日

  • えんを描く

    10通目


    -春の訪れを感じる前・・・朝も夜も、人身事故による電車遅延が多くて、なんともいえない気持ちになっていました。人身事故について調べたら、“日本の電車遅延原因1位は「自殺」”と記載しているページに辿りつきました。その真偽は定かではありませんが、納得してしまえる、現実があります。ここで、飛び込んだら、すべてを終わりにできる・・・すべてから解放される・・・それほどまでに、追い詰められている人たちがいるんですよね。その現実の中で、私は何をしたいのだろうなあと、ふと思いました。


    2013年04月01日

  • えんを描く

    9通目


    -社会を1つの有機体とみなす。個々がいろんな役割を担って、それぞれが補うようにして成立している。ひとりの人にできることは限られている。だから、その一人ひとりが、それぞれの分野において、それぞれの活動をする。ひとりの人がすべてを背負わなくても、ある人が担えなかったことを、誰かが担って・・・それが連鎖して世界は成立する。ライターとして、いろんな方々に取材させていただく中で、そういうふうになっているなあと感じるのです。いろイロな人と出会う、まいにちで。まちのなかには、素晴らしい人たちがいます。そんな人と出会うたびに、ココロが躍ります。


    2013年03月01日

  • えんを描く

    8通目


    -娘、5歳のお誕生日。未婚のシングルマザーとして娘を生み、育てようと決意した日の青空を思い出しました。“生まれてきても、それほど世界は素晴らしくないかもしれない。片親の子として生まれてくるという運命も背負っている。けれど、私は「生まれてこれてよかった」と思うから、この子にもそう思ってもらえるようにしたいと思った。”どんな人生であっても、「生まれてきてよかったなあ」と思えるように。そう願うばかりです。


    2013年02月01日

  • えんを描く

    7通目


    -仕事帰り。梅田を通るので、「晩御飯は奮発して百貨店でお惣菜でも買っちゃおうかなあ~。家に帰って、買い物へ行って作るの大変だし~」と思う日も。午後6時頃の百貨店。こんな時間でも、てんこ盛りなお惣菜。だんだんと不気味に見えてきたんです。「あれ、ぜんぶ、捨てちゃうんだろうなあ」とか、「お弁当なんて包装込み(トレイなど)で捨てられるのか・・・」とか。全国規模で考えたら、一日どれくらいのごみになっているんでしょう。それを想像すると、なんか、かなしくなるわけです。


    2013年01月01日

  • えんを描く

    6通目


    -毎朝、通勤ラッシュ時の電車に乗ります。終点・阪神梅田駅に着くと、一斉にドアが開いて、いくつものドアから、どっと、たくさんの人々が、それぞれの場所へ向かって歩き出します。そのたくさんの人々。「今日も頑張ろう!!」「あーしんどいなあ」とか、いろんな思いを抱えていて。最近、たのしいことがあったかもしれないし、かなしいことがあったばかりかもしれないし、つらい日々を過ごしているのかもしれない。一人ひとりに、それぞれの物語があるのだと思いを馳せると、果てしなくなります。自分の目に見える人たちはもちろん、大阪中、日本中、世界中に思いを馳せると、ただ、ただ、すごいなあと思うのです。


    2012年12月01日

  • えんを描く

    5通目


    -「●●ちゃんは元気かな?」「あの時、お世話になった、あの人は今どうしてるんかな?」「あのグループの人たちが、まちを掃除してくれたんやね」「昔の人は、どう思ってたんやろう?」など。誰かを想えること、世界のあちらこちらに、誰かの息遣いを感じられることは、とてもしあわせです。


    2012年11月01日

  • えんを描く

    4通目


    -“自分から”そして“本気”が、最近のテーマです。自分から、何かを始めてみる、自分から、心を開いて話してみる、それも本気で。そうすることで、広がっていくものがあるのだと。


    2011年07月01日

  • えんを描く

    3通目


    -日本では、世界では、地球では、いろんなことが起きています。そのすべてを把握することは難しいけれど、気づいたことには関心を持って。一人だけでは知ることのできる範囲も関心を持つことのできる範囲にも限界がありますが、ともに教え合える、学び合える人間関係があれば、広がっていくのではないでしょうか。そういう輪が今、必要だと感じています。


    2011年04月01日

  • えんを描く

    2通目


    -「将来こういうふうになりたいねん!!」「こんな人生、送りたいねん!!」など具体的な将来像はないけれど、漠然と「こういう人でありたい」と思うことはあります。今は“木”です。地にしっかりと根をはって、空に向かってぐんぐん枝葉を伸ばす、そんなイメージ。風で枝葉を揺らすこともあるけれど、根は地についているから動じない。風のささやきに耳を傾けるだけ。空はどこまでもどこまでも続くイメージで。限界を決めずに、突き進める限り、上をめざして枝葉を伸ばす。時には果実をつけて、誰かの役に立つでしょう。そういう人でありたい・・・一本のたくましい木のような“個”でありたいと思うんです。


    2011年01月01日

  • えんを描く

    1通目


    -「わ」というと、何を思い浮かべますか?「輪」「和」「環」「話」「我」・・・と、いろんな「わ」があります。何事にも「わ」がある・・・私はできるだけ、物事をみる時は、「わ」を思い浮かべようと思っています。


    2010年10月01日

合同ラック掲出募集 JR・地下鉄・コンビニ・スーパー等に設置 駅や学校前等で街頭配布 東京タワーや書店・飲食店等でサンプリング 効果的にポスティング 制作・印刷・流通についてご相談 プロモーション・イベントの企画・運営 フリーペーパー用ラック販売サイト 激安マグネット広告制作販売サイト エコロジーうちわ制作販売サイト

NEWS+UPDATE

////////   お知らせ   /////////
フリーペーパーを発行されている媒体社・団体・個人様はどんな小さなフリーペーパーでも登録が無料です。
登録後は管理画面より自由にに更新ができフリーペーパーナビで媒体のPRが出来ます。
掲載申し込みは簡単!サイトTOPにある登録申請ボタンよりお申込みの上、媒体審査用のフリーペーパーを1部郵送して下さい。


2017年1月1日
明けましておめでとうございます。
今年もフリーペーパーナビを宜しくお願い致します。